ブルーマジックとGゼロクッションの違いは衝撃吸収性にある!

ブルーマジックとGゼロクッションはどちらも座るときの負担を軽減してくれるクッションで、どちらも人気が高い商品となっていますね。

 

一見すると同じように見えるのですが、この2つには決定的に違う点があります。それは耐久性

 

どちらの方が耐久力があるかと言うとブルーマジックの方が耐久性は高いと言えますよ。このように言える根拠としては、ブルーマジックとGゼロクッションの構造の違いが関係しています。

 

ブルーマジックはハニカム構造と呼ばれる六角形の形をしたいわゆる『ハチの巣』構造になっています。一方でGゼロクッションはランバス構造と呼ばれる四角形の構造。

 

 

六角形と四角形では衝撃吸収性、つまり耐久性に違いがあるのですよ。

 

単純な強度の面では四角形の方が高いとされているのですが、一方向から受けた力(衝撃)を受けた時の力の分散という観点で考えると、衝撃を五方向に分散できる六角形の方がそれぞれの面が受ける力が小さくなるので、衝撃に強いと言えます。

 

つまり、ハニカム構造のブルーマジックの方がランバス構造のGゼロクッションよりも衝撃吸収性、耐久性が高いと言えるのですね。事実、ハニカム構造は軽くても強度が高く、音や衝撃を吸収するので、飛行機や新幹線、建造物などの構造材料として使われています。

 

以上の事から、どちらを選べばいいか迷っているのなら、ブルーマジックを選んだほうが満足度は高くなると言えるでしょう。

 

>>驚異の衝撃吸収性!ブルーマジックの詳細はコチラ! ブルーマジッククッション公式通販サイト

 

 

ブルーマジックをおすすめするのはこんな人!

ブルーマジックをおすすめしたいのは長時間座って作業することが多い人

 

Gゼロクッションと比較すると耐久性が高いので座っている時間が長い人ほど、得られる効果としては高くなり、満足度も高くなるでしょう。

 

例えば、デスクワークをしている方はもちろん、長時間運転をするドライバーの方、丸めて持ち運びもできるのでスタジアムでのスポーツ観戦などにもおすすめできますね。

 

ブルーマジックには専用のカバーがあって、滑り止めが付いていますからズレる心配もないですよ。

 

 

また、外出先で使う場合は衛生面が気になることもありますが、カバーは洗濯できますし、本体も丸ごと水洗いをすることが可能です。

 

なので、外出先に持ち出した後、自宅で使用したいと思っている場合でも衛生的に使うことができますよ。

 

 

Gゼロクッションと比較すると性能は高いと言えるのですが、その分価格も倍近く高くなるので、価格の面ではGゼロクッションと比較すると劣る部分と言えるでしょう。

 

それでも、税抜9,980円と許容範囲内の価格と言えると思いますから、いいモノが欲しいと思っている方はブルーマジックを選んだほうが後悔は少ないはずですよ。

 

>>ブルーマジック正規販売店はコチラ! ブルーマジック公式通販サイト

Gゼロクッションをおすすめするのはこんな人!

Gゼロクッションをおすすめしたいのは安価でちょっといいクッションが欲しいと思っている人。

 

ブルーマジックと比較すると構造の違いによって体圧分散の力が劣っているところや、厚さも3cm(ブルーマジックは5cm)と薄いので、長く使えるかというと期待に答えられない部分はあるでしょう。

 

もちろん、使用頻度や使用環境によってそこまで影響を感じない場合もあるので一概には言えませんが、ブルーマジックよりも座り心地はやや劣ると思った方がいいかもしれません。

 

 

その代わり、Gゼロクッションは安価で手に入れることができます。販売価格は税抜5,000円となっているので、複数人や複数個所で使いたいと思っている場合にはおすすめできますね。

 

また、Gゼロクッションはカバーがブラウン、グレー、ブルー、ピンクの4種類から選ぶことが出来るので、インテリアに合わせたカバーを選べますし、パッケージデザインもしっかりとされているので、プレゼントにもおすすめできます。

 

価格もリーズナブルなのでもらうほうも気を遣わなくてもいいのは嬉しいポイントでしょう。

 

 

ブルーマジックもGゼロクッションもどちらも優れているのは変わらないので、どっちが自分に合っているかを判断材料にしてお好きな方を選ぶと納得のいく買い物ができるはずですよ。

 

>>Gゼロクッション正規販売店はコチラ!

TOPへ